ネット上でもっと気軽に読める文書を増やしたい、こう思っている私sogoが勝手に始めたプロジェクトです。

罪体《コーパス・デリクタイ》

  • HOME »
  • 罪体《コーパス・デリクタイ》

V

聖マーク監督教会から、ローエングリンの『婚礼の合唱』[#注四]が高らかに鳴り響いた。だが、その澄んだ甘い音色は、結婚に対して警告するという逆説で貫かれているといっても過言ではなかっただろう。遙かなる天国を前に、今まさに結婚を誓約しようとしているこの舞台装置は、さながら一郡の税収にも匹敵するくらいのバラに覆われている荒れ地であると言ってもよかった。小切手支払い能力で格付けされた上流階級がこぞって婚礼に集い、パリ風の紫やら純白やらを基調にして、贅を尽くした装いを見せつけていた。

親族席の最前列で、ミリアム・ステュヴィサント夫人が、宝石をじゃらじゃらつけて、数多くの織工の手によって織られたドレスに身を包んでいた。明らかに威張っていた。女王然として振る舞っていた。夫人にとってこの婚礼は、あらゆる意味で凱旋行進であり、みなが自分の力を褒め称えている舞台であった。夫人は午後のお茶会でとりわけ目立っている自分の取り巻きに囲まれていた。このお茶についてある人曰く、すべてを忘れるレーデ川の水が振りまかれているんだろうとのことである。

「皇后様。」レジー・デュ・ピュスターが後ろから身を乗り出して耳元でささやいた。「素晴らしい結婚式ですね。」

「ウォルコットは素晴らしい人よ。」ミリアム・ステュヴィサント夫人は答えた。「悪党であるわけがないわ、そうでしょ、レジー。」

「そうですとも、陛下。」取り巻きが続けた。「罠にかかった潔癖屋ですよ。あ、純真無垢なお方が祭壇に上られました。ばんざーい、ばんざーい。」

航海に出ていたため今だ日焼けが残るサミュエル・ウォルコットが、名門であるセント・クレア家の紅一点と、祭壇の前に立っていた。その表情は明るく、誠実であり、声もしっかりしたものだった。ここにこそ真の人生があった。そこには嘘はなかった。墓場のふたは閉じられたが、彼はそこから間一髪抜け出してきた。今もこれからも、殺人罪に汚れた手はすっかりきれいなものであり続けるだろう。

司祭の言葉が続き、神の前で結婚の違いが執り行われた。この二人、純真な娘と卑劣な男は、今神の手によって一心同体となり、聖壇に跪《ひざまづ》いた。怨念の叫びが地からわき起こることはなかった。真昼の太陽が、二人の結婚を祝福すべく、窓から光を浴びせかけていた。

ミリアム・ステュヴィサント夫人の後ろで、レジー・デュ・ピュスターは親指を下に突き出した。そしてこう言った。「くそったれ!」

原作:The Corpus Delicti
原作者:Melville Davisson Post(メルヴィル・D・ポースト)(1869-1930)

SOGO_e-text_library責任編集。Copyright(C)2006 by SOGO_e-text_library
この版権表示を残すかぎりにおいて、商業利用を含む複製・再配布が自由に認められます。プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。

翻訳履歴:2006年7月30日、html版を公開。

Copyright © SOGO_etext_library All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.